四年ぶりの新刊!高田郁「花だより みをつくし料理帖 特別巻」

小説

先日、ふらっと書店に立ち寄ったら……出ていました。みをつくし料理帖の最新刊が!

もちろん、すぐさま買っちゃいました。
もう、大好きなんです。このシリーズ……!
四年前に完結したので続きが出るとは考えておりませんでしたが嬉しい!

みをつくし料理帖 あらすじ

簡単に説明しますと、
時は江戸時代。主人公は職人の娘である澪。

水害で両親を亡くし、親友の少女は行方不明。澪は名店といわれる「天満一兆庵」で奉公することに。そこで料理の才能を見出されることになる。
しかし火事で店が焼失。店の主人は亡くなってしまう。
江戸に出た息子を頼りに、ご寮さん(女将)の芳と江戸に行くものの、息子は行方不明。見知らぬ土地で途方に暮れる二人。
そんな時、腰を痛めた蕎麦屋「つる家」の親父と出会い、ひょんなことからその店の料理人となる。

たくさんの人たちとの出会いと別れ。
喜びや悲しみを乗り越えて成長する主人公澪の姿を描く物語……ってところですかね。

みどころ

愛すべき個性的なキャラクターが満載です。

おそらく滝沢馬琴をモデルにしたんじゃないかと思われる戯作者清右衛門さんと、どじょう面の版元の坂村堂さんコンビ。
澪に思いを寄せるイケメン医師の源斉先生に、謎の浪人小野寺様。

挙げるとキリがないのですが、どのキャラクターも生き生きとして目に浮かぶようです。悪役ですらいい味出してる……!

NHKで放映した土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」
これも本当にすごこよかった……!

主演の黒木華さんのイメージが、控えめながら芯が強い主人公澪に本当にぴったりでした。
他の俳優さん方も素晴らしい人選で、勿論毎週観ていました。
ドラマではまだまだ物語の序盤なので、求む、続編!!なのですが、今のところ続編の予定はないみたいですね。残念。

花だより 感想

実は、まだ読み終わっておりません(^^;)
取り敢えず読み終えたのは、第一話目の「愛し浅利佃煮」です。

(あらすじ)
化け物稲荷で行き倒れの男に出会った、つる家の店主種市。
その男は名高い易占師の水原東西。食べ物を与えてくれたお礼にと、種市を占ったところ、「来年の桜を見ることは叶わない」と言われて種市は意気消沈。
心残りは大坂に行ってしまった澪のこと。会いたかったと清右衛門にこぼす。
「会いたいなら会いに行けばいいのだ」と種市に一喝した清右衛門は、大坂へ行くぞと宣言するのだった。

さっそく清右衛門&坂村堂コンビが登場です。
そんな二人に振り回され気味の店主種市さん。つる家の看板娘(?)りうさん。

りうさん、相変わらずお元気そうで何よりです。
江戸時代の旅は徒歩が基本なんですよね。大阪まで歩くって、ご老体には……いえご老体じゃなくても大変ですよ。
大阪まで新幹線に乗って移動でも「あー疲れた」って思うのに。

相変わらずお元気そうな年配組の様子が嬉しい限りの一編でした。
そして思うのは、魅力的な物語には魅力的なキャラクターが揃っているなあと。
現実でも、魅力ある人物には人が集まってきますからね。小説やアニメでも、それは同じなのかなと思うわけです。

まだ他にも、小野寺様と奥様の物語、あさひ太夫こと幼馴染み野江ちゃんの物語、大坂へ行った澪と源斉先生夫婦の物語が待っています。
すべて読み終わったら、また追記していこうと思います。

何はともあれ、みをつくしファンには嬉しい一冊です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました